歯科経営コンサルタント/株式会社M&D医業経営研究所/メルマガ「成功する!歯科医院のマーケティング対策」

株式会社M&D医業経営研究所 青葉台オフィス
横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203号
TEL045-989-1001/FAX045‐989‐1002
 トップページ 歯科経営改善ゼミナール ホームページ制作 M&Dマーケティングクラブ  お問い合わせ
歯科医院コンサルティング
顧問契約・総合コンサルティング顧問契約・
  総合コンサルティング
M&Dマーケティングクラブ接遇コンサルティング
M&DマーケティングクラブM&Dマーケティングクラブ
人事評価制度導入人事評価制度導入
自費増大対策自費増大対策
電話経営相談電話経営相談
就業規則策定 就業規則策定
患者イメージ調査患者イメージ調査
スタッフ意識調査スタッフ意識調査
歯科経営改善ゼミナール接遇コンサルティング
スタッフ意識調査モチベーションアップ・
 プログラム
短期コンサルティング
ホームページ制作ホームページ制作
医院・看板リニューアル企画医院・看板リニューアル企画
院内報配信サービス院内報配信サービス
スクリーンセーバー制作スクリーンセーバー制作
自費販促ツール制作自費販促ツール作
自費販促ツール制作院内掲示ポスター
セミナー・研修
歯科経営改善ゼミナール歯科経営改善ゼミナール
歯科経営改善ゼミナール歯科コンサルティング・
    フォローアップセミナー
歯科経営改善ゼミナール究極の自費増大の話術教室
歯科経営改善ゼミナール接遇研修
地方セミナー地方セミナー
DVD講座DVD講座
M&D医業経営研究所について
プロフィールプロフィール
会社概要会社概要
会社概要リンク集
木村のつぶやき
スタッフブログ
ホームページ制作サービス
トップページメルマガ「成功する!歯科医院のマーケティング対策」

メルマガ「成功する!歯科医院のマーケティング対策」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■
■■■■
■■■

成功する!歯科医院のマーケティング対策 365号

平成30年11月26日発行

いよいよ冬期賞与の支払い時期を迎えました。

人事評価も終わって、スタッフ達との評価面接が始まりますね。
年2回の評価面接をスタッフ達も楽しみにしていると思います。
できるだけ褒めてあげてくださいね。

モチベーションと技術力を向上させるためにやっていることです。
故意に評価を下げたり、頑張っている人を評価しなかったりすると、
逆に退職に追い込んでしまう結果になります。

でも、賞与額の計算も面倒ですね。

12月16日(日)の歯科経営改善ゼミナールは、
「働きがいのある賃金制度と賞与制度の作り方」
です。 
賞与額の計算方法と、来年以降の賃金制度の設計手法を解説します。
また、来年4月に大きな労働基準法の改正があります。
この内容についても詳しく解説します。

ぜひ、ご参加ください。

*********************

12月歯科経営改善ゼミナール

働きがいのある賃金制度と賞与制度の作り方
能力主義賃金制度と成果主義賞与制度への再設計のポイントを分かりやすく解説
します。
多くの医療機関で導入されている職能資格制度を導入しましょう。
◆日時:平成30年12月16日(日)10:00~12:00
◆会場:飯田橋レインボービル
http://www.ienohikariss.co.jp/bld/
東京都新宿区市谷船河原町11  JR、地下鉄飯田橋下車 徒歩5分
TEL:  03‐3260‐4791
◆受講料:10,800円(税込)、お二人目から1名5,400円(税込)
◆主催:株式会社M&D医業経営研究所
〒227-0063 横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203

************************************

「ドクターのための究極の自費増大の話術教室」

いよいよ開催が迫りました。あと数日です!

12月23日(日)、24日(祝) 定員6人。

受講料 お一人様20万円+税

自費獲得のために、色々な書籍がでていますが、そもそも、本を読むだけで自分
のものになる話術などがあれば、だれも苦労しません。
話術だから、誰かと徹底的に練習して話し合わないと、自分のものにならないの
です。
このセミナーでは、ドクター同士が、心理学に基づいた患者に寄り添う自費説明
を学習し、互いに改善点を指摘しながらロールプレイを繰り返します。
そのため、確実に自分のものにできるのです。

「クタクタになりますけど、それだけの価値がありますよね」
と、次々に勤務医を送り込んでくれている院長先生が仰ってくれました。
参加者は、懸命にロールプレイに参加され、皆さんグッタリ疲れて帰られます。
そして、
多くの受講者が、毎月100万円以上の自費を獲得できるようになっています。
ぜひ、ご参加ください。

「ドクターのための究極の自費増大の話術教室」
~歯科医師の自費説明のコミュニケーション術を磨く講座~

◆お申し込みは、http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/saikyou.html

また、自費を勧めるにしても、すべてを院長が説明していると、
診療をする時間がなくなってしまいます。
そこで、院長が6分間、歯科カウンセラーが6分間と分担して説明するのです。
院長から概要を説明し、スタッフから金額や契約内容などを説明すると、
自費を選ぶ患者さんがぐっと増えます。
それは、スタッフのほうがフレンドリーに何でも話しやすく、聞きやすいからです。
「歯科カウンセラー養成講座」
スタッフ向けの、心理学に基づく話術とロールプレイの研修です。 
「自費説明シナリオ集」、「初診カウンセリングツール」を使って復習できます。
「歯科カウンセラー養成講座修了証」を発行します。
□第1回 2019年3月17日(日) 9:30~17:00 定員20名
□第2回 2019年12月15日(日) 9:30~17:00 定員20名
【会  場】 飯田橋レインボービル:東京都新宿区市谷船河原町11 T
EL03-3260-4791 JR・地下鉄飯田橋駅5分
【受講料】 1名様20,000円+税(昼食付) 

これは、数少ないスタッフ向けの自費説明担当者養成講座です。
ぜひ、院長とスタッフがペアでご参加ください。
スタッフの方も自信をもって自費説明ができるようになります。
◆お申し込みは、http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/saikyou.html

*************************************
■■■平成31年度 「歯科経営改善ゼミナール」のプログラムが決まりました!■■■

日  時                テーマ
1月20日(日)午後1時~5時  
「歯科経営をとりまく環境変化と今後の歯科経営の進め方」
※恒例の新春無料セミナーです。
2月17日(日) 午前10時~12時 「労働基準法改正と歯科経営の視点での就業規則の作り方」
※改正される労働基準法に準拠した就業規則を差し上げます。
4月21日(日)午後1時~5時   「河野由美子の新人接遇セミナー」
※定評ある接遇研修です
5月19日(日)午前10時~12時 「か強診を取得し、最大限に活用するセミナー」
※か強診の取得対策と、SPTの算定などについて解説します。    
6月16日(日)午後1時~5時  「歯科医院経営塾」
※恒例の歯科経営塾です。今年は医療法人未来会理事長 山田孝先生を予定しています。 
9月22日(日)午前10時~12時  「歯科医院の人事評価の進め方」
※恒例の人事評価のケーススタディです。歯科衛生士、受付助手の人事評価表を差
し上げます。
11月17日(日)午前10時~12時 「歯科医院の患者トラブル対策セミナー」
※年末年始のクレームなど増える時期に合わせて、トラブル対策を解説します。

【会場】 飯田橋レインボービル:東京都新宿区市谷船河原町11ほか 
Tel 03-3260-4791 JR・地下鉄飯田橋駅5分
【受講料】 10,000円+税、お二人目から1名5,000円+税 
【主催】 株式会社M&D医業経営研究所 
〒227-0063横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203
【お申し込み】
http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/semina-yoyaku-page.html

【お知らせ】
※DVD講座のお知らせ
http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/DVDmoushikomi.html

*************************************

■■■2019年度の自費話術セミナー 開催予定■■■

■1.「歯科カウンセラー養成講座」

スタッフ向けの、心理学に基づく話術とロールプレイの研修です。 
「自費説明シナリオ集」、「初診カウンセリングツール」を使って復習できます。
「歯科カウンセラー養成講座修了証」を発行します。
□第1回  3月17日(日) 9:30~17:00 定員20名
□第2回 12月15日(日) 9:30~17:00 定員20名
【会  場】 飯田橋レインボービル:東京都新宿区市谷船河原町11
TEL03-3260-4791 JR・地下鉄飯田橋駅5分
【受講料】 1名様20,000円+税(昼食付) 

■2.「究極の自費話術セミナー」2日間コース
自費を毎月100万円以上獲得できる先生が続出しています!講師3人に対し
受講生6人という贅沢なセミナーです。
□ 第1回  7月14日(日)、15日(祝)定員6人                                  
□ 第2回 10月13日(日)、14日(祝)定員6人                                  
【受講料】 1名様 200,000円+税(昼食・懇親会付)
宿泊は各自お手配願います。 
【会  場】 (予定) アットビジネスセンター渋谷東口駅前会議室  
渋谷区渋谷2-22-8 名取ビル3階

*****************************

では、メルマガを始めさせていただきます。

───────────────────────────────────
【メルマガの主旨】

優良な医療機関の売上向上、患者数増加は社会に役立つ使命です。
そして、売上や患者数を増やすためには、医療サービスとしてのマーケティング
対策が必要です。

このメルマガは、歯科経営に絞り込んだ狭い専門領域のメルマガです。
優秀な診療技術を持ちながら、売上と患者数の減少に悩むドクター、あるいは、新
規開業して早期に売上と患者数を増やしたいと考えているドクターのご参考にして
いただければと思います。

みなさまのご期待に応えるため、少しでもお役に立つ内容の濃いものにしたいと考
えております。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆
【発行周期】 原則として、第2、第4月曜日 
【発行者】 木村 泰久
(社)日本医業経営コンサルタント協会 認定登録医業経営コンサルタント
株式会社M&D医業経営研究所 代表取締役
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

成功する!歯科医院のマーケティング対策 第365号

■1.給料と賞与の支払い方を考えよう

一般的に、小規模なクリニックでは大企業と同じような人事施策の導入は困難と考
えられています。
しかし、小さな組織ほど、人間関係がこじれると問題になりやすいのです。

首都圏の求人倍率は21.4倍、全国平均は18.4倍です。看護師も奪い合いといわれて
いますが、2014年の全国平均は2.7倍でした。

この結果、賃金が高騰し今年の首都圏の学卒歯科衛生士の初任給は24万円。
看護師の初任給は26万円~27万円なので、この水準に近づいていくと予想されます。

この衛生士不足は、前回の診療報酬改定で「か強診」の施設基準に歯科衛生士の
採用が定められたためと考えられ、今後も続くと予想されるのです。

やる気をもって、長く働いてもらえる環境づくりが重要なのです。
そのために、賃金と賞与の払い方の重要性が増しているのです。

■2.他産業でいえばどんなこと?

介護施設では、究極の採用難に陥っています。
それは、介護職の賃金水準が全産業比で低く抑えられているからです。
その結果、初任給も低くなります。

保育士も同様です。

つまり、初任給が低いと、採用が困難な状況にあります。

■3.歯科医院ではどうすればよい?

歯科衛生士を採用するのは容易ではありません。

1.初任給だけでなく、賞与が年2回支給される。
(昨今、冬だけという医院も多いようです)
2.医療法人で、
3.社会保険完備(歯科医師国保では社保完と表示できません)
4.複数の歯科衛生士が勤務していて交代で有給が取れる
(このハードルが高い!)
5.院内で研修が受けられ、日曜日が休める
6.週休3日制で、
7.駅近で、雨に濡れずに通勤できる…
などなど、なんだか腹が立ってくるほど、ぜいたくな職探しです。

これらの条件を何とか満たす必要があるのですが、
院長1人の個人経営の歯科医院では、学卒歯科衛生士の採用は、
ほぼ絶望的といわなければなりません。

■4.まとめ

マーケティング対策を行なうためには、
気転、気配り、接遇の高度化、衛生管理や清掃の徹底、ポスターや説明ツールの
制作などの業務が必要になります。
結果として、スタッフの業務負担が増大します。
すると、スタッフの不満が増大する
そして、一旦スタッフに不満が広がると、
→患者への配慮のない対応
→やる気のない態度、目に付く怠業やむだ話
乱暴な取り扱い、説明の手抜き、接遇の低下などにつながり、
「感じの悪いクリニック」になり、
そのうえ簡単に退職してしまうのです。     
そうなると、
マーケティング対策どころではなく、
患者離反に直結します。

マーケティング対策は、スタッフを動機付けられる人事施策を伴って、 
初めて実効性を確保することができるのです。

すでに来年4月の初任給は24万円+αといわれています。

問題は学卒歯科衛生士の採用にとどまりません。
ベテラン歯科衛生士が、これらのサイトを見て不満を抱くからです。
自分たちの給料よりも多い、あるいは差がない!
その結果、大切なベテラン歯科衛生士が転職してしまう危険もでてきます。

とはいっても、全職員の給料を初任給の高騰にあわせて上げていく訳にもいき
ません。
そのため、
総合病院の看護師やコメディカルで多く採用されている、
「職能資格精度」の賃金制度に改定して、総合的に賃上げをコントロールしていく
必要があるのです。

「職能資格制度」では、
職能等級が上がる「昇格」、本人給が上がる「昇給」、役職位があがる「昇進」を
区別します。
さらに、
能力評価を反映させた「職能給」と、
仕事と業務内容を反映させた「仕事給」を採用し、
職務や責任の程度に応じた給与の支給を可能にします。

医療機関の特性を考慮し、勤務医、歯科衛生士、歯科助手、技工士、受付などの
職種を設定し、それぞれの職能要件を明確にし、適正な評価を可能にしていくの
です。
つまり、職種によって設定する仕事給で差が付けられるのです。

ぜひ、導入をご検討いただければと思います。
産業界向けのセミナーなどが開催されています。

弊社でも12月の歯科経営改善ゼミナールで取り上げます。

「働きがいのある賃金制度と賞与制度の作り方」

弊社クライアント歯科医院で導入している、
職能資格制度による賃金制度の設計方法と、成果主義賞与制度の導入方法を解説
します。
ぜひ、
多くの医療機関で導入されている職能資格制度を導入しましょう。

◆日時:平成30年12月16日(日)10:00~12:00
◆会場:飯田橋レインボービル
http://www.ienohikariss.co.jp/bld/
東京都新宿区市谷船河原町11  JR、地下鉄飯田橋下車 徒歩5分
TEL:  03‐3260‐4791
◆受講料:10,800円(税込)、お二人目から1名5,400円(税込)
◆主催:株式会社M&D医業経営研究所
〒227-0063 横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203

*******************************
【発行者】医業経営コンサルタント 木村 泰久



このページのトップへ

Copyright©M&D Management All Rights Reserved.