歯科経営コンサルタント/株式会社M&D医業経営研究所/メルマガ「成功する!歯科医院のマーケティング対策」

株式会社M&D医業経営研究所 青葉台オフィス
横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203号
TEL045-989-1001/FAX045‐989‐1002
 トップページ 歯科経営改善ゼミナール ホームページ制作 M&Dマーケティングクラブ  お問い合わせ
歯科医院コンサルティング
顧問契約・総合コンサルティング顧問契約・
  総合コンサルティング
M&Dマーケティングクラブ接遇コンサルティング
M&DマーケティングクラブM&Dマーケティングクラブ
人事評価制度導入人事評価制度導入
自費増大対策自費増大対策
電話経営相談電話経営相談
就業規則策定 就業規則策定
患者イメージ調査患者イメージ調査
スタッフ意識調査スタッフ意識調査
歯科経営改善ゼミナール接遇コンサルティング
スタッフ意識調査モチベーションアップ・
 プログラム
短期コンサルティング
ホームページ制作ホームページ制作
医院・看板リニューアル企画医院・看板リニューアル企画
院内報配信サービス院内報配信サービス
スクリーンセーバー制作スクリーンセーバー制作
自費販促ツール制作自費販促ツール作
自費販促ツール制作院内掲示ポスター
セミナー・研修
歯科経営改善ゼミナール歯科経営改善ゼミナール
歯科経営改善ゼミナール歯科コンサルティング・
    フォローアップセミナー
歯科経営改善ゼミナール究極の自費増大の話術教室
歯科経営改善ゼミナール接遇研修
地方セミナー地方セミナー
DVD講座DVD講座
M&D医業経営研究所について
プロフィールプロフィール
会社概要会社概要
会社概要リンク集
木村のつぶやき
スタッフブログ
ホームページ制作サービス
トップページメルマガ「成功する!歯科医院のマーケティング対策」

メルマガ「成功する!歯科医院のマーケティング対策」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■
■■■■
■■■

成功する!歯科医院のマーケティング対策 354号

平成30年6月11日発行

***********************

一昨日、京都でセミナーを終えて新幹線で帰ってきましたが、
下り電車では、殺人事件がおきていました。
以前の焼身自殺といい、困ったものです。
狭い電車のなかでは、逃げることも難しいわけです。

なんとなく、グリーン車のほうが空いているので安心か、という気がしますね。
私は、名古屋以西に行く場合はグリーン車にしていますが、こんな事件が続くよう
なら、対策を考える必要があるかも知れません。

弊社では、恒例の「M&D歯科医院経営塾」を開催します。
今年は講師に、神奈川県横浜市中区開業の医療法人ル・ブラン 
おぎはら歯科医院 理事長 荻原 光貴 先生をお招きします。

第1部は、木村から、「歯科経営における小児歯科と取組み方法について」と題し
て、歯科医院経営における小児患者集客の重要性と、具体的な取り組み方法、さら
に小児歯科を運営するうえでの注意点を解説させていただきます。

子供が減少するなかで、小児歯科は本格的に取組むことが難しくなっています。
しかし、小児歯科は、子供たちだけでなく、その両親、祖父母、さらに子育て友達
にまで患者層が拡大する可能性があり、差別化の武器になります。
どう取り組めばよいのか、考え方と、具体的な事例をご紹介します。

第2部は、予防歯科と小児歯科を重視し、わずか6年でチェア4台から10台に成長させ
た成功事例の体験談から、歯科経営の考え方や重要ポイントなどをお話いただきます。
1階では、日吉歯科のMTMによる予防歯科、
2階ではKDPの小児歯科を運営されており、
歯科医院の経営の参考にしていただける考え方やノウハウが満載だと思います。
ご期待ください。

・日時:平成30年6月24日(日)午後1時~午後5時まで

終了後、近傍で簡単な懇親会を開催します。(会費5千円程度)

【当日のプログラム】
1.13:00~14:50 「歯科経営における小児歯科と取組み方法について」
(株)M&D医業経営研究所 木村 泰久
2.15:00~16:50 「ドクターのための経営塾」
医療法人ル・ブラン 理事長 荻原 光貴 先生

2.会場:飯田橋レインボービル 東京都新宿区市谷船河原町11 
TEL 03-3260-4791  JR飯田橋、メトロ飯田橋駅 B3出口 下車5分

さて、スタッフの自費説明能力が大きく向上する、
「歯科カウンセラー養成講座」が終了しました。
大好評でした。
次回は、10月14日(日)です。

このセミナーでは、自費の説明を、歯科医師から歯科カウンセラーに振ることがで
きるようにして、すべての患者さんに自費の説明ができる体制づくりを目指してい
ます。

当然ですが、自費の打率が劇的にアップします。

セミナーの内容は、患者さんに寄り添う心理学に基づく話術と、セラミックなど材
料についての学習、そして実践的なロールプレイの研修です。

自費説明シナリオ集、初診カウンセリングツールを使って復習できます。
「歯科カウンセラー養成講座修了証」を発行します。

お早めにお申込みください。

●お申込み 2018年度
平成30年10月14日(日)9:.30~17:00  
【会 場】 飯田橋レインボービル:東京都新宿区市谷船河原町11 
電話:03-3260-4791 JR・地下鉄 飯田橋駅5分
【受講料】: 1名様20,000円+税  ※各回定員20名。

************************************

「ドクターのための究極の自費増大の話術教室」

次回は9月です!
9月16日(日)、17日(祝) 定員6人。

受講料 お一人様20万円+税

自費獲得のために、色々な書籍がでていますが、そもそも、本を読むだけで自分
のものになる話術などがあれば、だれも苦労しません。
話術だから、誰かと徹底的に練習して話し合わないと、自分のものにならないの
です。
このセミナーでは、ドクター同士が、心理学に基づいた患者に寄り添う自費説明
を学習し、互いに改善点を指摘しながらロールプレイを繰り返します。
そのため、確実に自分のものにできるのです。

「クタクタになりますけど、それだけの価値がありますよね」
と、次々に勤務医を送り込んでくれている院長先生が仰ってくれました。
参加者は、懸命にロールプレイに参加され、皆さんグッタリ疲れて帰られます。
そして、
多くの受講者が、毎月100万円以上の自費を獲得できるようになっています。
ぜひ、ご参加ください。

「ドクターのための究極の自費増大の話術教室」
~歯科医師の自費説明のコミュニケーション術を磨く講座~
お申し込みは、http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/saikyou.html

また、自費を勧めるにしても、すべてを院長が説明していると、
診療をする時間がなくなってしまいます。
そこで、
院長が6分間、歯科カウンセラーが6分間と分担して説明するのです。
院長から概要を説明し、スタッフから金額や契約内容などを説明すると、
自費を選ぶ患者さんがぐっと増えます。
それは、スタッフのほうがフレンドリーに何でも話しやすく、聞きやすいからです。

これは、数少ないスタッフ向けの自費説明担当者養成講座です。
ぜひ、院長とスタッフがペアでご参加ください。
スタッフの方も自信をもって自費説明ができるようになります。

*************************************
平成30年度 「歯科経営改善ゼミナール」のプログラムです。

6月24日(日)  午後1時~5時
「M&D歯科医院経営塾」 
7月22日(日)  午前10時~12時
「歯科医院の患者トラブル対策セミナー」
8月19日(日)  午前10時~12時
「歯科医院の院内トラブル対策セミナー」
9月9日(日)  午前10時~12時
「優秀人材の採用、モチベーション対策、解雇を考える」
10月21日(日) 午前10時~12時
「歯科医院の就業規則(時間外手当と休暇制度)のポイント」
11月18日(日) 午前10時~12時
「歯科医院のための人事評価制度の導入セミナー」
12月16日(日) 午前10時~12時
「働きがいのある賃金制度と賞与制度の作り方」

【会場】 飯田橋レインボービル:東京都新宿区市谷船河原町11ほか 
Tel 03-3260-4791 JR・地下鉄飯田橋駅5分
【受講料】 10,000円+税、お二人目から1名5,000円+税 
【主催】 株式会社M&D医業経営研究所 
〒227-0063横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203
【お申し込み】
http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/semina-yoyaku-page.html

【お知らせ】
※DVD講座のお知らせ
http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/DVDmoushikomi.html

*************************************

では、メルマガを始めさせていただきます。

───────────────────────────────────
【メルマガの主旨】

優良な医療機関の売上向上、患者数増加は社会に役立つ使命です。
そして、売上や患者数を増やすためには、医療サービスとしてのマーケティング
対策が必要です。

このメルマガは、歯科経営に絞り込んだ狭い専門領域のメルマガです。
優秀な診療技術を持ちながら、売上と患者数の減少に悩むドクター、あるいは、新
規開業して早期に売上と患者数を増やしたいと考えているドクターのご参考にして
いただければと思います。

みなさまのご期待に応えるため、少しでもお役に立つ内容の濃いものにしたいと考
えております。

◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆-◆
【発行周期】 原則として、第2、第4月曜日 
【発行者】 木村 泰久
(社)日本医業経営コンサルタント協会 認定登録医業経営コンサルタント
株式会社M&D医業経営研究所 代表取締役
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

成功する!歯科医院のマーケティング対策 第354号

■1.はじめに
「雨の日タオルを実施しよう」

【目次】

1.雨の日タオルを考える

2.他産業でいえばどんなこと?

3.歯科医院ではどうすればよい?

4.まとめ

■1.雨の日タオルを実施しよう

雨の日タオル、このメルマガでも何度か取り上げましたが、今年は用意されましたか?
これから雨が続きます。
このメルマガを読まれたら、ぜひ準備をしてくださいね。

今日は台風が接近して、首都圏でも、横なぐりの激しい雨が降るようです。
当然ながら、道行く人もみんなずぶ濡れ。傘も逆さになったり大変な状態になり
ます。

今日のような日のために、
みなさんの歯科医院では、受付に雨の日タオルを備えて欲しいのです。

激しい雨の日に来院される患者さんのために、乾いたタオルを用意して、濡れた
洋服や、カバンなどを拭いていただくのです。

■2.他産業でいえばどんなこと?

喫茶店や床屋、美容院などは、激しい雨の日にずぶ濡れで入っても、特に何の対応
もしてくれないところがほとんどです。

ところが昔、サラリーマンのころ、大阪キタ新地の馴染みの飲み屋さんで、ずぶ濡
れで入ると、ママさんがおしぼりを何本も出してくれ、私の濡れた髪や服、カバン
まで拭いてくれたことがありました。
サービスとは分かっていても、その気配りが嬉しいものです。
また来ようと思わせますね。(笑)

ところが、数年前に(公社)日本医業経営コンサルタント協会神奈川県支部の医療
施設見学会で訪問させていただいた、医療法人社団相和会 相模原総合健診センタ
ーで驚きました。
http://www.sowa.or.jp/sagamihara/

弱い雨の日だったのですが、
なんと、受付カウンターに、真っ白なタオルが山積みだったからです。

事務長にお話しをうかがうと、まさに「雨の日タオル」でした。
雨の日に健診に来院される患者さんのために、雨の日はいつも大量に用意してい
るのだそうです。

この施設では、「ぬくもりのあるサービスの提供」を基本方針の一つにいれてい
ます。
なるほど、と感心させられました。
その基本方針をご紹介します。

相模原総合健診センター 基本方針

1.受診者の人格の尊重とプライバシー保護に最大限の配慮をします。
2.受診者が健康状態を認識し、自己管理ができるよう支援します。
3.受診者の質問に対して懇切に対応し、必要かつ十分な情報の提供に努めます。
4.技術の向上に努力し、精度の高い健診をめざします 。
5.スタッフ間の連携を密にした協力体制の確立をめざします。
6.ぬくもりあるサービスの提供をめざします。

では、歯科医院ではどうすればよいでしょうか。

■3.歯科医院ではどうすればよい?

ある歯科医院で、
激しい雨の日でキャンセルが多くて、ヒマだったようなのですが、
ずぶ濡れで来院された中年の女性患者さんに、乾いたタオルをお渡しして、自分も
受付カウンターから出て行って裾を拭いてあげた受付がいました。

すると、患者さんは「こんなに親切にしていただいて」と恐縮され、
あの歯医者はやさしいから、と他の患者さんを紹介してくれるようになったのです。

また、ビジネス街の歯科医院で、
雨の日に来院するサラリーマンが、濡れたカバンをビニールのソファの上におくの
で、毎回出て行って拭かないといけない、とこぼしている受付がいました。
だれだって、自分の大切なカバンを床に置きたくないものです。

そして、その医院でも雨の日タオルを導入して、タオルをお渡しして、「ご来院あ
りがとうございます。よかったら、これでお洋服とかバンをお拭きください」と言
って渡すと、サラリーマン達は自分でカバンまで拭いてくれ、受付カウンターから
わざわざ出て行ってソファを拭かなくてもよくなった、という医院もあります。

■4.まとめ

前述のように、たとえ飲み屋さんのサービスでも、雨の日に濡れた衣服をタオルで
拭けるのは嬉しいものです。
スーツなどの型崩れも防止できますし、何より、「あなたはお店にとって大切なお
客さまです」ということを、態度で示すことで、感謝の気持ちがでてくるからです。

歯科医院は、「あまり行きたくない医療機関」の代表です。
痛くされたり、歯を抜かれたり、怖い治療もされる場所だからです。
根の治療を繰り返している患者さん達は、決して嬉しくて歯科医院に通院している
わけではありません。しかたなく、わざわざ時間を割いて来院してくれているので
す。

ですから、
「一人ひとりの患者さんが、当院にとって大切な人です」ということを感じていた
だけるサービスを工夫することが、気持ちよく診療を受けていただくために大切で
す。

そのために、「ぬくもりあるサービス」の提供の一つとして、
雨の日タオルを受付に設置することをお勧めします。

普通の白いタオルで構いません。
20本程度、きれいにたたんで受付カウンターの上や、スリッパラックなど、邪魔
にならないところに積んでおくだけです。

そして、
受付から声をかけましょう。
「ご来院ありがとうございます。よろしければ、そのタオルをお使いください」

ずぶ濡れの患者さんが来たら、出て行って一緒に拭いてあげましょう。
きっと感動してくれるでしょう。
そして、貴医院のファンになってくれると思います。

なんどもメルマガで取り上げています。

まだの医院さんは、今からすぐに取りかかりましょう!

以上

■「M&D歯科医院経営塾」

■日時:平成30年6月24日(日)午後1時~午後5時まで
・終了後、近傍で簡単な懇親会を開催します。(会費5千円程度)

【当日のプログラム】
1.13:00~14:50 「歯科経営における小児歯科と取組み方法について」
(株)M&D医業経営研究所 木村 泰久
2.15:00~16:50 「ドクターのための経営塾」
医療法人ル・ブラン 理事長 荻原 光貴 先生

2.【会場】 飯田橋レインボービル:東京都新宿区市谷船河原町11ほか 
Tel 03-3260-4791 JR・地下鉄飯田橋駅5分
【受講料】 10,000円+税、お二人目から1名5,000円+税 
【主 催】 株式会社M&D医業経営研究所 
〒227-0063横浜市青葉区榎が丘4-7アクティブ青葉台203
【お申し込み】
http://home.k02.itscom.net/yk-igyo/semina-yoyaku-page.html

*******************************
【発行者】医業経営コンサルタント 木村 泰久

このページのトップへ

Copyright©M&D Management All Rights Reserved.